人財BOXクラウドとは?

「人財の視える化と育成」

  • 人財の視える化
  • 人財の育成

STEP 1 人財の視える化

人財BOXクラウドは多様な社員情報を誰もが視える・使える形に集約し、使う人の目的に合わせて活用することが可能です。社員参加型の情報登録が可能なため、人事担当者の負担となりやすい人材情報メンテナンス作業の集中を避け、人材情報の鮮度を保つことができます。

必要な情報をExcel形式CSV形式で出力が可能

人材情報の集約と整理

フェーズ 01【導入】人材情報の集約と整理

  • ユーザーの権限ごとに情報の編集、閲覧範囲を制御することができます。
  • 社員の登録情報やマスタ情報はインポート、エクスポートが可能です。

多様な形式で存在している人財情報を一元化し、人事プラットフォームを構築!

人材情報のメンテナンス・管理

フェーズ 02【運用】人材情報のメンテナンス・管理

  • 使いやすい画面設計で社員ひとり一人が情報の発信を簡単に行えます。
  • 管理者・社員の双方により登録・更新が可能なため面倒な情報メンテナンス作業を行う人事担当者の負担を軽減。
  • 貴社でお持ちのエクセル申請フォームを使って、そのままワークフロー形式で情報更新が可能。

管理者・社員の双方向の情報メンテナンスにより新鮮で正確な情報管理が可能!

人材情報の視える化・利用

フェーズ 03【活用】人材情報の視える化・利用

  • データは使いやすいエクセル形式でもご利用いただけます。
  • 人事担当者・経営層・管理職・従業員など利用者の目的に合わせてデータの出力が可能。

利用者の目的に沿った形式で人財情報を可視化!

STEP 2 人財の育成

人財BOXクラウドでは社員が主体的に参加できるように各機能がデザインされています。年間を通して会社が求めている目標の達成と本人が必要とする目標の達成をサポートするPDCAサイクルを回します。

人財の育成PDCA

スキルチャート 目標管理

PLAN【計画】現状把握と成長計画の立案

社員は自身の能力、適正、経験についての強みと弱みを把握しながら目標・計画を登録します。

目標を元に上司と学習計画や成長プランを共有し能力向上の方向性を確認します。

学習の申請 中間レビュー

DO【実行】業務・学習の実施と進捗共有

登録した目標・計画に基づいて業務と学習を実行します。上司は部下の計画が順調に推移しているか進捗状況を把握することができるので、適切なフィードバックが可能です。

360度フィードバック 評価の甘辛調整

CHECK【評価】人事考課・結果のフィードバック

社員は業績の目標達成度や能力向上に伴う成果を人事考課を通して評価されます。上司は面談で評価結果をフィードバックすることにより、より効果的に社員の成長を促すことができます。

スキル比較 9BOX

ACTION【改善】成果の分析と計画の修正

人事部や経営層は人事考課や社員の成長結果の情報を基に事業計画の達成に必要な人材育成が行われるように施策を改善します。

page top