標的型メール訓練 サービス内容

標的型メール訓練 導入事例

標的型メール訓練

日々、進化し増え続ける標的型攻撃(偽装メールを利用した不正侵入)の手法ですが攻撃目標にされているのは、企業で働く従業員です!

豊通シスコムが提供する総合セキュリティサービス「ITポリス」では、システム機器導入での対策だけはなく、
教育面での「従業員への意識づけ」も非常に重要だと考えております。

個人情報保護方針

標的型攻撃や情報漏えい事故のきっかけは、偽装メールに添付された不正プログラムの実行や誘導された不正なWebサイトへのアクセスを従業員が意識せず実行してしまうことから始まります。
一度、不正プログラムを埋め込まれてしまうと、それがきっかけで未知のウイルスを埋め込まれたり、脆弱性をついた攻撃が行われ、社外へ自社の機密情報や顧客情報を搾取されてしまいます。
また、アカウント権限を盗まれPCを乗っ取られてしまうケースもあります。攻撃者によって乗っ取られたPCは、外部から遠隔操作が可能になり、企業のデータベースが閲覧され、最後には会社の機密情報や顧客情報を外部へ持ち出されてしまいます。

このような事故に発展させないために・・・
「不審なメールかどうかの判断」、「不審メール受信時の正しい対処」を従業員1人1人が、日々意識を持って頂くことが重要です!

お客様課題

標的型メール訓練のサービス範囲

標的型メール訓練のサービス範囲

従業員の方へURL又は添付ファイルを仕込んだ「訓練メール」を送信させて頂き、
URL又は添付ファイルの開封率を集計し、結果をご報告いたします。

標的型メール訓練のサービス概要

サービス概要

サービス内容

  1. 1.「標的型メール訓練」は、クラウド版のみの提供となります。
  2. 2.事前ヒアリングや打合せ実施後、弊社より訓練対象者の方へ「訓練メール」を送信いたします。
  3. 3、「訓練メール」に仕込まれたURLや添付ファイルの開封率を弊社にて集計させて頂き、後日、お客様へ結果をご報告させて頂きます。

「標的型メール訓練」の導入メリット

  • IT管理者の方の手間を最小限に抑え、「従業員の意識調査」を実施できます!
  • 経営層を含めた「従業員1人1人への意識づけ・強化支援」に役立ちます!
  • 訓練結果から、自社の今後のセキュリティ方針を検討する際に役立ちます!
  • 不審なメール受信時に、適確な対処をすることでリスクを軽減することができます!

こんなお客様にオススメです!

  • 現状の従業員のセキュリティ脅威(標的型攻撃)に関する意識調査を行いたい。
  • 標的型攻撃や情報漏えい対策を実施する際、何から始めたら良いかわからない。
  • 従業員へのセキュリティ脅威に関する意識づけ・強化を行いたい。
  • 不審なメールを受信した際に、適確な対処をすることでリスクを軽減したい。

標的型メール訓練」に関するお問い合わせはこちらから

  • トップ
  • 標的攻撃対策サイバーシールド24
  • ウィルス対策 アンチウィルスPro
  • 訓練メニュー 標的型メール訓練